Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

Kiseki-キセキ-Trajectories

日程:

27/02/2018


Kiseki-キセキ-Trajectories

「Kiseki-キセキ-Trajectories」はセゾン文化財団とイタリアのバッサーノ・デル・グラッパ市、フランスのラ・ブリケトリ-ヴァル・ド・マルヌ国立振付開発センターが提携するダンス交流事業です。
2月にイタリアから振付家・ダンサーのジョルジャ・ナルディン、フランスからサチエ・ノロが来日し、日本の岩渕貞太とともにリサーチや創作活動を行うアーティスト・イン・レジデンスを実施します。
なお本事業は、8月にイタリアで、9月にフランスで継続して行われます。

公開プログラム
2月27日(火)18:30-20:00
イタリア文化会館
*本事業に参加する3人の振付家が過去に発表した代表作を紹介し、また日本での滞在成果を振り返るトークを行います。

お申し込み方法:メールまたは電話でお申し込みください。
E-mail: Kiseki2018@saison.or.jp  Tel. 03-5624-5951(森下スタジオ受付:10:00-21:00)
*メールでのお申し込みの際には、件名を「2月27日公開プログラム申し込み」とし、本文に①お名前②職業③参加人数④連絡先⑤このイベントをどのようにお知りになったかをご記入ください。

ジョルジャ・ナルディン Giorgia Nardin
振付家、パフォーマー。英国のノーザン・スクール・オブ・コンテンポラリーダンスで身体動作学を専攻。セクシャル・マイノリティやジェンダーをテーマとする作品を創作する。
2010年からフランチェスカ・フォスカリーニ、マルコ・ダゴスティンと創作を始め、「Spick&Span」はPremio Scenarioで特別賞を受賞。女性の身体に関係する多数のアイコンにフォーカスした初のソロ作品「Dolly」(2012)はヨーロッパの劇場やフェスティバルで上演され、数多くの賞を受賞した。「All dressed up with nowhere to go」はダンスのネットワーク、Aerowavesの2015年にノミネートされ、イタリア国内外で上演された。
最新作、「Minor Place」はシルヴィア・フェデリーチの著書、『キャリバンと魔女 資本主義に抗する女性の身体』をもとに参加型のパフォーマンスを創作。現在、イタリア国内外で巡演されている。
2015年、ハンブルクの振付センター、K3のレジデンス・アーティスト。

主催:公益財団法人セゾン文化財団
共催:イタリア文化会館
協力:横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
助成:平成29年度文化庁「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
国際提携機関:バッサーノ・デル・グラッパ市[イタリア]、ラ・ブリケトリ-ヴァル・ドマルヌ国立振付開発センター[フランス]、ヴァル・ド・マルヌ現代美術館[フランス]

 

インフォメーション

開催日: 2018 年 2月 27 日

時間: 18:30 20:00

主催 : 公益財団法人セゾン文化財団、イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1087