Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

ドキュメンタリー「時の旅人-伊東マンショ 肖像画の謎-」上映会

日程:

07/12/2017


ドキュメンタリー「時の旅人-伊東マンショ 肖像画の謎-」上映会

天正遣欧少年使節のひとり、伊東マンショの肖像画がミラノで発見されたとの報道があったのは2014年のことでした。昨年、ドメニコ・ティントレット作のこの肖像画が東京国立博物館で特別展示され、その機会にイタリア文化会館ではシンポジウムを開催しました。
今回それに続くものとして、伊東マンショの出身地である宮崎のテレビ局、テレビ宮崎が制作した、肖像画にまつわる物語や伊東マンショの功績を描いたドキュメンタリー「時の旅人-伊東マンショ 肖像画の謎-」を上映します。
上映後には、東京大学名誉教授、小佐野重利氏、同作品のディレクター、雪丸千彩子氏、肖像画発見の特報記事を担当した読売新聞社文化部長、前田恭二氏が鼎談します(日本語のみ)。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

作品内容(テレビ宮崎)
450年ほど前、宮崎県西都市都於郡(とのこおり)に生まれた少年、伊東マンショ。伊東家当主の孫として生まれたマンショだが、8歳の時、一族が島津家との勢力争いに破れ、豊後(現在の大分県)へと敗走する。キリシタン大名・大友宗麟が治める豊後。マンショはそこでキリスト教に出会い、後にイエズス会が計画した「天正遣欧少年使節」の主席正使として2人のローマ教皇に謁見する。そして、彼らは未だ知られていなかった「日本」や「日本人」の存在をヨーロッパに知らしめた。
しかし、マンショたちが帰国の途に着く頃、日本ではキリシタン弾圧が始まり、彼らの功績は、日本の歴史の表舞台からは消え去ってしまった。日本初の外交官とも言うべき役割を果たしたマンショは、宮崎が誇る偉人の一人だが、彼の存在や功績、宮崎県出身であることを知る人は少ない。
2014年、「イタリア・ミラノで伊東マンショの肖像画が発見された」とのニュースが報道され、去年、宮崎での里帰り展が実現した。これまでのマンショの姿と言えば、16世紀当時の新聞(版画)や、スケッチ画でしか偲ぶことは出来なかったが、今回発見された肖像画は、16歳のマンショの表情を生き生きと描いた油絵。肖像画は400年以上前、その時代を確かに生きた、マンショのより人間らしい魅力、現実味が伝わってくる1枚だ。発表に至るまでには、イタリア人女性研究者による5年にも及ぶ研究があったことも分かった。
この肖像画は、どのような過程を経て、マンショだと突き止められたのか。使節4人の肖像画が描かれたという記録は残るものの、行方知れずとなっていた肖像画は400年以上もの間どこにあったのか。そして、誰が、何のために描かせたのか…肖像画にまつわる物語や、隠された謎を紐解きながら、時の人、伊東マンショの功績や、最新の研究結果に迫るドキュメンタリー番組。

インフォメーション

開催日: 2017 年 12月 07 日

時間: 18:30 20:00

主催 : イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1077