Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

「誰も寝てはならぬ」アレッサンドロ・バリッコ オペラの魅力を語る

日程:

06/11/2017


「誰も寝てはならぬ」アレッサンドロ・バリッコ オペラの魅力を語る

『絹』や『海の上のピアニスト』などの著作で知られる作家アレッサンドロ・バリッコは、長年にわたり、イタリアオペラの魅力を、エッセイや講演、テレビ番組を通じて、広く伝えることに力を注いでいます。
本講演では、テノールのためのアリアとして有名な、ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ『トゥーランドット』のアリア「誰も寝てはならぬ」を取り上げ、プラシド・ドミンゴ、ルチャーノ・パヴァロッティ、イギリスのオーディション番組参加者が歌う同アリアを紹介し、解説しながら、その魅力を語ります。
(日伊逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: corsi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3262-4500

アレッサンドロ・バリッコ Alessandro Baricco
1958年トリノ生まれ。作家。小説やエッセイなど、その著作は多くの言語に翻訳されている。また、戯曲や映画の脚本もてがけ、書籍や音楽に関するテレビ番組にも携わる。30年前、トリノにストーリーテリングとパフォーミングアーツの学校「スクオーラ・ホールデン」を設立。作家、ジャーナリスト、ウェブデザイナーなどを目指す人たちが学んでいる。

インフォメーション

開催日: 2017 年 11月 06 日

時間: 18:30 20:00

主催 : イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1054