Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

モーツァルト「フィガロの結婚」 ニコレッタ・コンティ氏を迎えてレクチャーコンサート

日程:

15/05/2017


モーツァルト「フィガロの結婚」 ニコレッタ・コンティ氏を迎えてレクチャーコンサート

指揮者のニコレッタ・コンティ氏監修によるモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」についてのレクチャーコンサートを開催します。

第1部 レクチャー モーツァルト作曲オペラ『フィガロの結婚』
講師:ニコレッタ・コンティ
*日伊逐次通訳付

第2部 ミニコンサート
オペラ『フィガロの結婚』より 抜粋
フィガロ:村田孝高(バリトン)
スザンナ:針生美智子(ソプラノ)
伯爵:岡元敦司(バリトン)
伯爵夫人:津山恵(ソプラノ)
ピアノ:ニコレッタ・コンティ

第1幕
小二重唱 “5…10…20…” フィガロ スザンナ
小二重唱 “もし奥様が夜中に君を呼ぶなら” フィガロ スザンナ
カヴァティーナ “殿様がもし踊りたいのならば” フィガロ
アリア “もう飛べまいぞ、この蝶々” フィガロ
第2幕
カヴァティーナ “愛の神よ安らぎを与えたまえ” 伯爵夫人
アリア “さぁこちらに膝をついて” スザンナ
3重唱 “スザンナ出ておいで” 伯爵夫人 スザンナ 伯爵
第3幕
2重唱 “ひどいやつだ、なぜそう冷たくするのだ” スザンナ 伯爵
レチタティーヴォとアリア “裁判は勝っただと” 伯爵
レチタティーヴォとアリア “スザンナは遅いのね” 伯爵夫人
2重唱 “風に寄せる小歌” 伯爵夫人 スザンナ
第4幕
レチタティーヴォとアリア “全て準備はできた” フィガロ
レチタティーヴォとアリア “やっとそのときが来た” スザンナ

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29)

ニコレッタ・コンティ Nicoletta Conti 指揮者
イタリア・ボローニャ出身。指揮をミラノ国立音楽院、ボローニャ国立音楽院にて学ぶ。ボローニャ大学において音楽学を専攻して大学院を修了。シエナにおいてフランコ・フェラ―リ、ザルツブルグにおいてレオポルド・ハーガー、ボストンにおいてレオナード・バーンスタイン、小澤征爾、クルト・マズーア等の各氏に師事。イタリア国内外の数々の国際コンクールに入賞し、オペラ及びコンサートの指揮者として本格的な活動を開始する。
コヴェント・ガーデン、フィレンツェ、ボローニャ、トリノ等の有名歌劇場やペーザロの「ロッシーニ・フェステバル」、「イトゥリア・ヴァレイ音楽祭」に招かれ、パヴァロッティをはじめ、レナート・ブルゾン、レオ・ヌッチ、ダニエラ・デッシー、ロベルト・アラーニャ、ライナ・カバイヴァンスカ他の著名な歌手と共演している。日本では、フィオレンツァ・コッソットとのオーチャードホール公演、オペラ「イル・トロヴァトーレ」、2014年のオペラ彩公演「椿姫」で大成功を収める。2015年12月にはオペラ彩第32回定期公演ドニゼッティ作曲オペラ「ランメルモールのルチア」指揮者として来日。
優れた音楽家に贈られるミネルヴァ賞イタリア人初受賞者。2006年、イタリア政府より共和国騎士団勲章を受勲。ボローニャ国立音学院教授。

村田 孝高 Murata Yoshitaka バリトン
国立音楽大学声楽科卒業。二期会オペラスタジオ・マスターコース第46期修了。二期会会員。2001年イタリア声楽コンコルソ・シエナ部門入選。これまでに日本、イタリア、スロベニアにおいて、多くのオペラのトップバリトンを演じ、その声とともに、数少ない存在感のある演技派の歌手として、定評がある。日本のみならず、イタリア、スペイン、フランスなどで度々コンサートに招聘され、高い評価を得ている。
浜離宮朝日ホールや紀尾井ホールにおいてリサイタルを開催し、各界より高い評価を得ている。また、サントリーホールにおける小林研一郎氏指揮『第九』のソリストを始め、2016年にはロッシーニ歌劇場およびバチカン聖パウロ大聖堂にて、モーツァルト『レクイエム』のソリストを務める。2017年のロッシーニ歌劇場管弦楽団の来日公演に際しては、すべての公演でソリストを務める。懐かしい日本語の名曲を吹き込んだ、初CD『NIPPON』を発売。ブログ「村田孝高(よしたか)オフィシャルサイト~オペラと人生」

針生 美智子 Haryu Michiko ソプラノ
札幌大谷短期大学音楽科声楽コース卒業、同専攻科修了。1998 年文化庁オペラ研修所第11期修了。1998年から2年間、北海道文化財団芸術家海外研修員、文化庁派遣芸術家在外研修員としてローマに留学。第2 回藤沢オペラコンクール第1位および福永陽一郎賞受賞。第7回ハイメスコンクール第1 位。第31回 日伊声楽コンコルソ入選。サンタ・マルゲリータ・リグレ国際声楽家セミナーで大賞(第1位)受賞。第5回道銀芸術文化奨励賞受賞。2000年小樽文化奨励賞受賞。上野学園大学、大谷短期大学各非常勤講師、二期会会員。

岡元 敦司 Okamoto Atsushi バリトン
国立音楽大学首席卒業、矢田部賞、NTTドコモ賞受賞、パルマ・フェラーラ・ボローニャ各国立音楽院年間アカデミーにてディプロマ取得、東京藝術大学大学院修士課程修了、各奨学金を得てイタリアに留学。イタリア・フランチェスコアルバネーゼ国際声楽コンクール好演賞、ベーゼンドルファー国際音楽コンクール2位、第22回ハイメスコンクール第1位。平成23年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生としてボローニャに留学。北海道教育大学非常勤講師、東京室内歌劇場会員。

津山 恵 Tsuyama Megumi ソプラノ
武蔵野音楽大学卒、同大学院修了。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてミュンヘン音楽大学マイスタ-クラスに留学、修了。練馬新人オ-ディション最優秀賞受賞。二期会オペラスタジオ修了時に、最優秀賞及び、川崎静子賞受賞。コンセール・マロニエ21新人演奏会にて優秀賞受賞。現在、二期会会員、日本演奏連盟会員、東京室内歌劇場会員、東海大学、昭和音楽大学、桐朋学園芸術短期大学、各非常勤講師。

インフォメーション

開催日: 2017 年 5月 15 日

時間: 18:30 20:30

主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1025