Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

鼎談「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」

日程:

09/11/2016


鼎談「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」

萩尾望都(漫画家)×ヤマザキマリ(漫画家)×ジョルジョ・アミトラーノ(イタリア文化会館館長)

イタリア文化をこよなく愛するふたりの著名な漫画家、萩尾望都氏とヤマザキマリ氏が、イタリア文化会館館長ジョルジョ・アミトラーノとともに、日本の文芸作品やマンガ、テレビ番組などでイタリアがどのように描き出されているかについて議論します。そこには、イタリア人も納得する現実のイタリアが描かれているのでしょうか。それとも、現実とは異なる、日本人の求めるイタリア像が演出されているのでしょうか。

*鼎談は日本語で行われます。イタリア語通訳はありません。

お問い合せ:イタリア文化会館 E-mail: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
本イベントは満席になりましたので、お申し込み受付を締め切らせていただきました。

萩尾望都 Hagio Moto
1949年5月12日生まれ。福岡県大牟田市出身。日本SFクラブ 日本漫画家協会に所属。
主な作品に『ポーの一族』、SF作品『11人いる!』、『トーマの心臓』、『半神』、『イグアナの娘』、『マージナル』、『メッシュ』、『なのはな』など。
1976年『ポーの一族』、SF作品『11人いる!』で第21回小学館漫画賞受賞。1997年『残酷な神が支配する』で第一回手塚治虫文化賞漫画優秀賞。2006年『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞。2010年アメリカ-サンディエゴ-コミコン・インターナショナルでインクポット賞受賞。2011年日本漫画家協会賞、第40回(2011年度)文部科学大臣賞受賞。2012年紫綬褒章受賞。
現在集英社YOUで『王妃マルゴ』を連載中。2016年、小学館フラワーズに『ポーの一族』新作『春の夢』発表。

ヤマザキマリ Yamazaki Mari
漫画家・随筆家。1967年東京都生まれ。1984 年に渡伊し、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学。1997年漫画家デビュー。イタリア人の比較文学研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住。2010 年古代ローマを舞台にした漫画『テルマエ・ロマエ』で第 3 回マンガ大賞受賞、第 14 回手塚治虫文化賞短編賞受賞。
著書に『モーレツ!イタリア家族』、『プリニウス』(とり・みきと共著)、文筆作品では『国境のない生き方』、『マスラオ礼賛』等多数。
平成 27 年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞

インフォメーション

開催日: 2016 年 11月 09 日

時間: 18:30

主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

980