Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

Presentazione e discussione del libro “Urne e camaleonti”, Makino (2015)

Presentazione e discussione del libro “Urne e camaleonti”, Makino (2015)

2017 年 2月 18 日

Il ruolo di una teoria scientifica è non solo di migliorare le conquiste tecnologiche, ma anche di contribuire alla...

ラウラ・ボルトロット&マッテオ・アンドリ コンサート

ラウラ・ボルトロット&マッテオ・アンドリ コンサート

2017 年 1月 31 日

ソリストとしても室内楽奏者としても高い評価を得ているラウラ・ボルトロット(ヴァイオリン)とマッテオ・アンドリ(ピアノ)が、ベートーベン、ロータ、フランクのヴァイオリン・ソナタを演奏します。プログラムL.v.ベートーヴェン...

プッチーニ・ナイト

プッチーニ・ナイト

2016 年 12月 20 日

プログラム「菊の花」 (弦楽四重奏)《トスカ》より 「歌に生き、愛に生き」「星は光りぬ」《蝶々夫人》より...

「マルコの世界」展関連企画:ジャズコンサート 中村力哉 Life is now trio

「マルコの世界」展関連企画:ジャズコンサート 中村力哉 Life is now trio

2016 年 12月 18 日

「マルコの世界 小田部羊一と『母をたずねて三千里』」展(12月2日~22日、イタリア文化会館)の関連企画として、いまや気鋭のトリオとして最も注目を浴びている中村力哉Life...

「マルコの世界」展関連企画:トーク 高畑勲(監督)

「マルコの世界」展関連企画:トーク 高畑勲(監督)

2016 年 12月 17 日

「マルコの世界 小田部羊一と『母をたずねて三千里』」展(12月2日~22日、イタリア文化会館)の関連企画として、高畑勲氏をゲストに招き、トークを開催します。脚本家深沢一夫氏と共に、掌編を原作として1年間続く52本のシリーズとして(いわば26時間の長編として)編み直したのが監督の高畑勲氏です。"イタリア・ネオリアリズモ"の影響を受けて制作されたという本作で、スタッフがジェノバの少年に懸けた想いをお聞きします。当日は、「母をたずねて三千里/第2話ジェノバの少年マルコ」の上映も予定しています。お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it...

エンリコ・ラヴァ ジャズコンサート Enrico Rava meets Japanese Friends

エンリコ・ラヴァ ジャズコンサート Enrico Rava meets Japanese Friends

2016 年 12月 15 日

世界的に活躍するトランぺッター、エンリコ・ラヴァが日本のミュージシャン3人とともに、自作曲を演奏します。エンリコ・ラヴァ トランペット 松永...

フラテルナル・コンパニア ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~

フラテルナル・コンパニア ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~

2016 年 12月 13 日

コンメディア・デッラルテは、16世紀にイタリアで生まれ、18世紀中葉まで流行った即興仮面劇です。今回上演される「ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~」は、コンメディア・デッラルテの高名な役者であったジャン・バッティスタ・アンドレイーニが書いた作品です。アンドレイーニはドン・ジョヴァンニの物語を神話のなかで展開させています。今回の演出は、アンドレイーニの作品をもとにしていますが、モリエールや「ドン・ジョヴァンニ」のもっとも古い作品を書いたティルソ・デ・モリーナのドラマツルギーの要素も見られます。なお、上演はギロンダ、アコーディオン、管楽器、打楽器、ギターなどさまざまな楽器の生演奏とともに行われます。ドン・ジョヴァンニ:ルカ・コマストリドンナ・イザベッラ、ドン・オッターヴィオ:アレッサンドラ・コルテージグリッロ、ドン・ピエトロ:マッシモ・マキャヴェッリドンナ・アンナ、王:タニア・パッサリーニチカーラ、ミルディッラ:ソフィア・ブロカーニ演奏:ウンベルト・カヴァッリお問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it Tel....

「マルコの世界」展関連企画:トーク 小田部羊一(作画監督)

「マルコの世界」展関連企画:トーク 小田部羊一(作画監督)

2016 年 12月 10 日

「マルコの世界 小田部羊一と『母をたずねて三千里』」展(12月2日~22日、イタリア文化会館)の関連企画として、長年の活躍に対して2015年第19回文化庁メディア芸術祭功労賞が贈られたばかりの小田部氏をゲストに招き、本作の舞台裏の話をお聞きします。作品中のマルコ、フィオリーナなどメインキャラクターだけでなく、イタリアそしてアルゼンチンに渡ってからの全ての登場人物を小田部氏は創り出しました。また作画監督として生命感あふれる「動き」の創造に力をそそぎました。当日は、「母をたずねて三千里/第1話いかないでおかあさん」の上映も予定しています。 お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it Tel....

エンツォ・モスカート コンサート「トレド・スイート」

エンツォ・モスカート コンサート「トレド・スイート」

2016 年 12月 09 日

劇作家、詩人、作家、演出家、俳優として卓越した才能をもち、活躍を続けるエンツォ・モスカートが、歌手としてコンサートを行います。モスカートの歌は、類まれな表現が生み出す魂の歌であり、それは演劇、詩、アートでもあります。愁いを帯びた繊細なその歌声は、心が締め付けられるほどの美しい情景を見事に表しています。そこでは、何度も呼び起こされるナポリの町のイメージが他のヨーロッパの町々のイメージと重なり、現在が過去の記憶と溶け合っています。本コンサートでは、ナポリのカンツォーネや、ベルトルト・ブレヒト、クルト・ヴァイル、マルグリット・ドュラス、ルー・リード、ジャック・プレヴェールなどの作家や音楽家による作品が披露されます。モスカートが誘う空想の旅は、詩と音楽の翼に乗って、実存主義者たちが集う、煙草のけむりに満ちたパリのカフェや、ワイマール共和国時代のキャバレー、ナポリのミュージックホールを巡ります。 エンツォ・モスカート 歌クラウディオ・ロマーノ ギター、マンドーラパオロ・サッソ ヴァイオリン  [舞台]...

現代音楽コンサート A Book of Clouds

現代音楽コンサート A Book of Clouds

2016 年 12月 06 日

ヴァレリオ・サンニカンドロ(作曲家)を迎えて演奏:へんみ弦楽四重奏団+ライブ・エレクトロニクスプログラム細川...

マルコの世界 小田部羊一と「母をたずねて三千里」展

マルコの世界 小田部羊一と「母をたずねて三千里」展

2016 年 12月 02 日2016 年 12月 22 日

「母をたずねて三千里」はイタリアの少年とその家族の物語を、日本の誇る最高のクリエーター集団が52本のシリーズ物として発表し、大人気となったテレビアニメーションです。その中で重要なスタッフとして活躍したのが、キャラクターデザインおよび作画監督を務めた小田部羊一氏です。本展では彼の創作を中心に、制作に使われたアニメーション・ドローイングや、宮崎駿氏によるレイアウト、高畑勲監督による絵コンテ、椋尾篁美術監督による背景画など多彩な資料を展示して、いまなお世界に注目されている本作品の魅力の源泉をさぐります。 小田部...

講演会 イタリアの地域食材と知られざる絶景と町おこし

講演会 イタリアの地域食材と知られざる絶景と町おこし

2016 年 11月 21 日

講師:島村 菜津 (ノンフィクション作家) 昨今ようやく、日本でも各地の地域食材にスポットが当たってきましたが、イタリアでは1980年代半ばから、生産地の活性化をかけて、多くの地域食材を守り、これに磨きをかけてきました。 本講演では、イタリア各地を取材し、食文化、美術、映画などの記事を多数書き著書を出版してきたノンフィクション作家の島村菜津氏が、イタリアの一歩踏み込んだ地域食材の魅力を、さまざまな画像とともに紹介します。肥沃な生産地ながら、日本ではあまり知られていないマルケ州の標高1000mで作られる在来レンズ豆やオーガニックの羊のチーズ、ロンバルディア州テリオ村のそば、トスカーナ州オルベテッロのカラスミなど、伝統的な地域食材が、いかに中山間地の農業や漁村の活性化に貢献し、地元のレストランを魅力的にしてきたかを考えます。 *講演は日本語で行われます。イタリア語通訳はありません。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13,...

イタリア語と音楽の日

イタリア語と音楽の日

2016 年 11月 20 日

オペラをはじめ、カンツォーネや民謡、童謡、ポップミュージックなど音楽を通してイタリア語に親しんでみましょう。 「イタリア語と音楽の日」では、イタリア語とイタリア文化を愛する人たちが歌などの音楽パフォーマンスを舞台で披露します。 なお、パフォーマンスには一人でもグループでもどなたでもご参加いただけます。 またイベント終了後の交流会では飲み物と軽食をご用意しておりますので、イベント参加者全員で自由に交流していただけます。...

第2回「須賀敦子翻訳賞」授賞式

第2回「須賀敦子翻訳賞」授賞式

2016 年 11月 18 日

2014年に新設された「須賀敦子翻訳賞」は、1988年に創設し、2007年に中断された「ピーコ・デッラ・ミランドラ賞」を継承するもので、イタリア語の著作の優れた日本語への翻訳を評価し、広く紹介するものです。今年は、岡田温司、木村榮一、柴田元幸、四方田犬彦、和田忠彦(委員長)の5氏で構成する選考委員会が、2014年7月から...

マルコ・ポーロと磁器

マルコ・ポーロと磁器

2016 年 11月 15 日

講師:高田 英樹 「東方見聞録」は、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞した内容を口述し、ルスティケッロ・ダ・ピーサが記した書物です。この書は版によって、その内容が大きく異なっています。本講演では、もっとも古い版、ラテン語版、最後のラムージョ版で、どのような違いが見られるのか、磁器の記事に着目して考察します。 *講演は日本語で行われます。イタリア語通訳はありません。 お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it Tel....

特別上映会『グレート・ビューティー/追憶のローマ』

特別上映会『グレート・ビューティー/追憶のローマ』

2016 年 11月 13 日

特別上映会 特集―イタリアンスタイル本年の世界イタリア語週間のテーマ「イタリア語とイタリアのクリエイティビティ...

イタリア語研究者の集い

イタリア語研究者の集い

2016 年 11月 13 日

イタリア語研究者の方にお集まりいただき、「世界イタリア語週間」のテーマにそって語り合って頂きます。ご興味のあるイタリア語研究者の方、ぜひご参加ください。 お問い合せ:corsi.iictokyo@esteri.it...

特別上映会『サスペリア』

特別上映会『サスペリア』

2016 年 11月 12 日

特別上映会 特集―イタリアンスタイル本年の世界イタリア語週間のテーマ「イタリア語とイタリアのクリエイティビティ...

イタリア語学習者の日

イタリア語学習者の日

2016 年 11月 12 日

イタリア語が好きな高校生・大学生のために開催される交流会です。学校でイタリア語を学んでいる方だけではなく、イタリア語とイタリア文化が好きな学生さんたち約150人の参加者が、イタリア語でカラオケやオペラのアリアを歌ったり、演劇を披露したり、さまざまなパフォーマンスに挑戦します。高校生・大学生なら、一人でもグループでも参加することができます。イベント終了後の懇親会では、参加者全員でイタリア料理のビュッフェを楽しみながら交流ができます。 参加は無料です。10月21日(水)までにパフォーマンス名、参加する団体名、参加者人数と参加者全員のお名前を明記の上、corsi.iictokyo@esteri.it...


920