Istituto Di Cultura - Tokyo

催し物

イタリア映画祭2017
イタリア映画祭20172017 年 4月 29 日 → 2017 年 5月 06 日

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まったイタリア映画祭は、今年で17回目を迎えます。毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベントになりました。今回上映するのは、2016年以降に製作された日本未公開の新作15本。それに加えて、新作と関連があり、過去の映画祭で人気が高かった作品5本をアンコール上映します。 公式ホームページはこちら上映スケジュールはこちら お問い合せ:050-5542-8600...

詳細
上映会「ボルサリーノ・シティ」
上映会「ボルサリーノ・シティ」2017 年 5月 09 日

イタリアの有名帽子ブランド、ボルサリーノの歴史を描いたドキュメンタリーを上映します。1857年にジュゼッペ・ボルサリーノがピエモンテ州アレッサンドリアに工房を設立し創業して以来、三代125年にわたりボルサリーノ家によって経営が受け継がれ、その後、経営形態は変わったものの、今なお時代にあったスタイルを創造し、上質な帽子を作り続けています。ボルサリーノの帽子は、優れた製法、販売戦略によって、また、ハリウッドの黄金時代の作品でよく使われたことによっても人気を得て、世界中に広まっていきました。本作では、過去の映像やインタビューを交え、小さな工房から始まったボルサリーノが世界に誇るブランドとなっていく様子や、社会の変化にともなうボルサリーノの帽子作りの変遷などが語られます。上映に先立ち、監督のエンリカ・ヴィオラ氏による解説があります(日伊逐次通訳付)。 (BD上映、2015年、イタリア語・フランス語・英語版日本語字幕付、79分) ボルサリーノ・シティ Borsalino...

詳細
モーツァルト「フィガロの結婚」 ニコレッタ・コンティ氏を迎えてレクチャーコンサート
モーツァルト「フィガロの結婚」 ニコレッタ・コンティ氏を迎えてレクチャーコンサート2017 年 5月 15 日

指揮者のニコレッタ・コンティ氏監修によるモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」についてのレクチャーコンサートを開催します。 第1部 レクチャー モーツァルト作曲オペラ『フィガロの結婚』講師:ニコレッタ・コンティ*日伊逐次通訳付 第2部 ミニコンサートオペラ『フィガロの結婚』より 抜粋フィガロ:村田孝高(バリトン)スザンナ:針生美智子(ソプラノ)伯爵:岡元敦司(バリトン)伯爵夫人:津山恵(ソプラノ)ピアノ:ニコレッタ・コンティ 第1幕小二重唱 “5…10…20…” フィガロ スザンナ小二重唱 “もし奥様が夜中に君を呼ぶなら” フィガロ スザンナカヴァティーナ “殿様がもし踊りたいのならば” フィガロアリア “もう飛べまいぞ、この蝶々” フィガロ第2幕カヴァティーナ “愛の神よ安らぎを与えたまえ” 伯爵夫人アリア “さぁこちらに膝をついて” スザンナ3重唱 “スザンナ出ておいで” 伯爵夫人 スザンナ 伯爵第3幕2重唱 “ひどいやつだ、なぜそう冷たくするのだ” スザンナ 伯爵レチタティーヴォとアリア “裁判は勝っただと” 伯爵レチタティーヴォとアリア “スザンナは遅いのね” 伯爵夫人2重唱 “風に寄せる小歌” 伯爵夫人 スザンナ第4幕レチタティーヴォとアリア “全て準備はできた” フィガロレチタティーヴォとアリア “やっとそのとき...

詳細
写真展「マルチェロ・マストロヤンニ 輝き続けるスターの肖像」
写真展「マルチェロ・マストロヤンニ 輝き続けるスターの肖像」2017 年 5月 26 日 → 2017 年 6月 17 日

「甘い生活」、「みんな元気」、「ひまわり」など数々の映画に主演したマルチェロ・マストロヤンニは、20世紀後半のイタリアを代表する俳優のひとりで、その姿は今なお多くの人たちの心を捉え続けています。本展では、50年以上に及ぶ俳優生活で、三枚目からシリアスな役まで幅広く演じたマストロヤンニの写真40点を展示します。展示作品は、さまざまな役を演じたマストロヤンニを捉えた写真がほとんどですが、14作品で共演したソフィア・ローレンとのツーショットなどもあります。また、マストロヤンニが世界的な名声を得ることとなったフェデリコ・フェリーニ監督作品「甘い生活」のあの有名なトレヴィの泉でのシーンを切り取ったものもあります。一見、何気ない表情にも見えますが、1枚1枚の写真は、その奥にある人間味あふれるマストロヤンニの姿を浮かび上がらせています。イタリアの偉大なる監督たちに才能を認められ、時代や国を越えて愛され、没後20年以上過ぎてもなお輝きを失わないスターの軌跡をぜひご覧ください。 お問い合せ:...

詳細
アンドレア・バッティストーニ講演会2017 年 5月 27 日

本年9月にBunkamura、東京フィル主催で《オテッロ》(演奏会形式)を振るのに先立って、三たびバッティストーニがヴェルディ作品の魅力を語る講演会を開催します。《オテッロ》はご承知のようにシェイクスピアの傑作戯曲に基づいたオペラですが、文学にも造詣の深いバッティストーニのこと、幅広い観点から情熱的な語りを繰り広げてくれることでしょう。(日伊逐次通訳付) お申し込み・お問い合せ:NPO日本ヴェルディ協会...

詳細