Istituto Di Cultura - Tokyo

イタリア語・イタリア文化講座 東京と横浜で200以上の講座を開講しています。ぜひイタリアをもっと身近に!

催し物

「埋もれた港」展 ジュゼッペ・ウンガレッティの詩集をめぐって
「埋もれた港」展 ジュゼッペ・ウンガレッティの詩集をめぐって2018 年 1月 26 日 → 2018 年 2月 08 日

セルジョ・マリア・カラトローニ&アンドルー・フィッツサイモンズジュゼッペ・ウンガレッティ(1888-1970)はイタリア軍に従軍していたとき、北イタリアの塹壕のなかで紙きれに詩を走り書きし、背嚢に保存していました。その後1916年に、それらの詩からなる詩集『埋もれた港』がウディネで出版されました。それは、イタリア詩の全体像を大きく変えるできごととなりましたが、ウンガレッティがその少し前に、日本の詩を翻訳で読んでいたことも影響していると考えられています。昨年、アイルランドの詩人アンドルー・フィッツサイモンズによる『埋もれた港』初版の初めての完全英訳The...

詳細
特別試写会「修道士は沈黙する」
特別試写会「修道士は沈黙する」2018 年 1月 27 日

 『ローマに消えた男』で国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督の最新作『修道士は沈黙する』(原題Le confessioni, 2016年, イタリア=フランス)が、3月17日に公開されます。それに先立ち、イタリア文化会館では、ミモザフィルムズとともに、1月27日(土)13時より特別試写会を開催することになりました。上映後には、監督とゲストによるティーチインを予定しています(伊日逐次通訳付)。お申し込み方法:こちらをクリックしてください。*本件のお申し込みは2名様までです。お問い合...

詳細
トーク ウンガレッティ『埋もれた港』をめぐって
トーク ウンガレッティ『埋もれた港』をめぐって2018 年 1月 30 日

「埋もれた港」展の併催企画として、詩集『埋もれた港』を完全英訳した詩人のアンドルー・フィッツサイモンズ氏と、それらの詩をグラフィックアートで表現したアーティストのセルジョ・マリア・カラトローニ氏が、モデレーターの辻昌宏氏(明治大学教授)とともに、詩集に収められた詩を朗読し、議論します。(英日、伊日逐次通訳付)お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

詳細
ワークショップ 15世紀イタリアの宮廷舞踊
ワークショップ 15世紀イタリアの宮廷舞踊2018 年 2月 03 日 → 2018 年 2月 04 日

2月3日(土)14:30~17:30 2月4日(日)11:00~15:00(休憩1時間)監修:ベルレグアルド(イタリアン・中世ルネサンス・ダンスカンパニー)講師:小野 千枝子15世紀のイタリアでは、舞踊に関する書があらわれています。理論や振付け、音楽について書かれたこれらの記述は、当時、宮廷に仕えていた舞踊教師たちが技術や技法を書き残したもので、そこから、イタリアの宮廷舞踊を再現することができます。今回のワークショップは、イタリアン・中世ルネサンス・ダンスカンパニー「ベルレグアルド」が監修し、同カンパニーを結成し、長年研究を重ねてきた小野千枝子氏が講師を務めます。このワークショップは、15世紀の宮廷舞踊を知り、また<ルネサンスに触れる>ことのできる機会となります。ルネサンス文化は、絵画、建築、音楽だけではなく、舞踊という身体表現を通しても知ることができることを理解いただけるでしょう。なお、ワークショップには、経験者だけでなく、初心者の方でもご参加いただけます。*2月3日と4日のワークショップの内容は同じです。 ワークショッププログラム1.「舞踊とは音楽にあわせて歩くこと」、「舞踊は楽しくなければならない」と語る当時の教師たちの言葉に耳を傾け、ゆったりと音楽にあわせて、楽しみながら基本ステップを学びます。2.教師たちがオンデッジャーレさらにカンペッジャーレ(別名オンブレッジャーレ)と呼んだ、ふたつのテクニックに焦点をあてて実践します。3.15世紀の宮廷舞踊教師たちの残した原文献を読み、アンジェロ・オノ・ヴェドヴェッリが内容について解説を加えます。お申し込み方法:2月3日(土)14:30~17:30 こちらをクリックしてください。2月4日(日)11:00~15:00(休憩1時間) こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

詳細