イタリア文化会館 東京 
Lingua 2
Lingua 2Lingua 2
italiano | 最新情報
| イタリア文化会館
| 催し物
| イタリア語コース
| 図書室・リンク
| 留学・文化学術関連情報
>スケジュール-
>日本国内のイタリア関連イベント-
>イタリアでのイベント-
>世界イタリア語週間-

イベント

建築

2012年2月24日

AASTシンポジウム-

アルゴリズミック・デザイン:実地体験

-

アルゴリズミック・デザイン:実地体験

昨年9月、AAST国際ワークショップ「東京のジェネレイティブ空間:アルゴリズミック・デザインによる木材の革新的利用法」が、UIA2011東京大会世界建築会議の先行イベントとして開催されました。AAST国際ワークショップは、昨年11月に開催された日本建築学会主催の建築と都市のアルゴリズミック・デザインに関する国際シンポジウム「ALGODE TOKYO 2011」の連携イベントです。
本ワークショップは各国の学生が4つの国際チームに分かれて行われ、各チーム協力しあい「アルゴリズミック・デザイン」を活用することによって浮かび上がるシェルターやその他の空間のデザインの試みがなされました。
本ワークショップではバーチャルな形やイメージによる課題にとどまらず、学生達は課題として実際の構造物接合のデザインや、小さなスケールで作ったコンセプトモデルの具現化、またレーザーカッターやCNC機器を用いることによる実寸大の木材を用いたプロトタイプの製作を行いました。

実寸大のプロトタイプは、コンパクトに収まり、持ち運びが容易な小さな要素を組み合わせることで組み立てられるようにデザインがなされました。それらは2012年2月にイタリア文化会館にて再び組み立てられ、展示されます。

シンポジウムでは、バーチャルと現実とを、または概念と素材とをつなげ、アルゴリズミック・デザインが新しい建築空間・建築物を作り上げるツールであるという可能性を示した成果を発表します。
緊急事態において、従来の供給方法や建設方法が崩壊したとき、この小さくもネットワーク化されたグループによるデザインの過程、そして工場を必要としない製造方法は注目に値するものであるといえます。

このシンポジウムでは以上のテーマを、責任ある建築、サステナビリティ、そして建築教育と関連付けて議論していきます。

展示
エキシビジョンホール 1F
2月24日(金) 12:00 ~ 2月26日(日) 13:00
入場無料

シンポジウム:
アニェッリホール B2F
2月24日(金) 16:00-18:45
入場無料
日伊同時通訳つき
詳細な情報と登録は以下のリンクから:
www.AASTinternationalworkshop.weebly.com 
AASTinternationalworkshop@yahoo.com 

AAST国際ワークショップ組織委員会主催:
建築家  Lorena Alessio(Alessiostudio, 元CASATARC、元Polytechnic of Turin教授)
建築家  Marco Corbella (石本建築事務所、元東京藝術大学講師)
建築家    池田靖史(慶應義塾大学 教授) 



参加者
建築家 Marco Corbella、司会
建築家 Lorena Alessio
建築家 池田靖史(慶應義塾大学 教授)
建築家 松島史朗(豊橋技術科学大学 教授)
構造家 金田充弘(東京芸術大学 准教授)
建築家 竹中司(AnS Studio)
建築家 豊田啓介&堀川淳一郎(Noiz architects)
建築家 廣瀬大祐&砂山太一(Archicomplex + whiteweekendkites)
建築家 長友大輔 (MisoSoupDesign)

技術事務局
深田治男(株式会社プロプラン)

-

インフォメーション

日程: 2012年2月24日

時間: 16時~18時30分

場所: イタリア文化会館 アニェッリホール

主催: AAST国際ワークショップ組織委員会

協力: イタリア大使館、イタリア文化会館

入場無料

<パンフレットのダウンロード>

-

<カレンダーに戻る>

 

 

 

これまでのイベントの検索結果
-

何月から - 何月まで -


付記 空欄がある場合はすべてのイベントを対象に検索が行われます

 

-

リンク | サイトマップ | ご利用上の注意 | クレジット