イタリア文化会館 東京 
Lingua 2
Lingua 2Lingua 2
italiano | 最新情報 |

ニュースレターのお申し込み・解約はこちら



      











Ministero degli Affari Esteri - link esterno: sia apre in una nuova finestra

Ministero Beni Culturali - link esterno: si apre in una nuova finestra

UNESCO Italia - link esterno: si apre in una nuova finestra

-

イタリア文化会館 東京
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-1-30  
Tel:03-3264-6011
Fax:03-3262-0853
e-mail: iictokyo@esteri.it








 
                     

 
★2015-2016年度イタリアの大学・音楽院・美術学院の留学(出願)手続きの詳細

★2015-2016年度イタリア政府奨学金の要項が発表されました

-

トップニュース-

音楽

-ITALYANA

2015年5月27日

ITALYANA

イタリア内外で活躍するシンガー、エンマ・レがナポリのカンツォーネや、さまざまな時代のイタリアンポップスの名曲を歌います。「ヴォラーレ」や「君と旅立とう」など日本でもお馴染みの曲も予定されています。 プログラム: Nel blu dipinto di blu (Volare) Caruso Almeno tu nell’universo Insieme 'O surdato ‘nnamorato Con te partirò ‘O >>>

映画

-EUフィルムデーズ2015

2015年5月29日 - 2015年6月21日

EUフィルムデーズ2015

「EUフィルムデーズ」は、欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が提供する各国の作品を一堂に上映するユニークな映画祭です。上映される作品は、ヨーロッパの映画製作者の幅広い才能を披露するとともに、EUが重視する文化的多様性をさまざまな表現で映し出しており、まさに多様な魅力に富んだものとなっています。 オフィシャルホームページはこちらです。 Normal 0 false false false >>>

美術

-ウフィツィ美術館の歴史と傑作品への誘い―トスカナ大公国コレクションから世界の美術館へ―

2015年5月29日

ウフィツィ美術館の歴史と傑作品への誘い―トスカナ大公国コレクションから世界の美術館へ―

1561年に、のちに初代トスカナ大公となるコジモ1世・デ・メデイチはフィレンツェ各所にあった事務所を一箇所に集めた中央集権的な行政庁舎とするため、ジョルジョ・ヴァザーリにウフィツィ宮殿の建設を開始させました。その後1581年にコジモ1世の息子、大公フランチェスコ1世が宮殿最上階(3階)に自身が収集した古代遺物や美術・工芸品などを陳列する回廊を整備させ、ここに西欧最古の美術館が誕生したのです。 このように、トスカナ大公国の美術コレクションの一部陳列から始まったウフィツィ美術館は、18世紀末にヨーロッパでもっとも有名な王立美術館となり、今では世界屈指の美術館にまで発展しました。 講演では、その歴史に沿いながらトスカナ大公メディチ家に由来する名品や18、19世紀以降、現在までに寄贈もしくは購入された絵画、特に「ヴァザーリの回廊」に展示される自画像のいくつかを紹介します。 (日本語のみ) お申し込み:件名を「5月29日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて >>>

 

< イベントカレンダー >

-

リンク | サイトマップ | ご利用上の注意 | クレジット